2017/04/26

Icebreakers


FES記録(week③ 2017/4/26)

2017年4月26日の内容


1.屋外実習 or 英会話レッスン(森安・オリバー)


2.教材紹介




・ポイント紹介(プリント)



3.英語コーチングに関するアンケート記入

アンケートへのリンクはこちら


4.海外サッカー・フットサル挑戦セミナー

資料は、教材フォルダからダウンロードできます。


5.学習ログ、謝金書類記入

学習ログへの記入はこちらから
謝金書類記入はプリントで提出







FES記録(week② 2017/4/19)Icebreakers

2017年4月19日の内容

1.屋外実習

最初は、「アイスブレーク」をテーマに、英語コーチングのモデルを体験しました。

受講生たちは、「英語でサッカー」をするのが初めて。

一体、どうやってやるのか、ドキドキだったことでしょう。

最初は、森安コーチのHuman knotです。

人間知恵の輪ですね。

Key concept:

Get to know each other.
Work together.
Enjoy speaking English.

次に、オリバーコーチによるSharks and minnows.

Key concepts:

Looking up and making good decisions.
Fun game to work on dribbling and speaking English.

様子は動画を見てください。




2.コーチング実技課題説明

屋外実習の後は、教室に戻り、受講生の課題説明をしました。

課題は、以下の通りとなります。欠席した人は、必ず確認しておいてください。

【コーチング実践課題について】

課題:英語によるコーチング実践(1人10〜15分)

日時:6/7(水)、7/19(水)

コーチング内容:自身がコーチングを行ってみたいサッカーもしくはフットサルの1トレーニングシーン

方法:6人〜7人用のトレーニングメニューを各自考えておいてください。

評価方法:別紙参照

その他:

・今後の授業で伝えるコーチング英語のポイントを踏まえて実践してみてください
・各自のコーチング実践をビデオ撮影します
・指導後、評点を出し、各コーチのコメントも加えたフィードバックをします
・当日できなかった人は別日に実践日を設けます


3.語学学習の方法

最後に西条先生から、語学習得の秘訣を学びました。



ポイントは、セッション(授業)に週に1回参加したからといって英語が話せるようにはならないということでうす。

語学はスポーツに似ています。

サッカーで例えると、いきなり公式戦には出ませんよね?

① 基礎体力などを磨いて

② トレーニング

③ 練習試合

④ 公式戦

という流れですよね?

語学も同様で

① 基礎を磨いて(単語、文法)

② 練習 (シャドーイング、ディクテーションなど)

③ 練習試合 (英会話教室など)

④ 公式戦 (海外留学、海外出張)

(一概に海外だけではありません)

上のように流れがあります。

ですので、受講生は、週に数回、授業やFESに参加したからといって、それだけで英語力がつくとは考えないでください。

あくまでも、授業やFESは、日ごろの自主トレーニングの成果を発揮する場として考えてください。

では、日ごろの自主トレーニングでは何をしたらよいのか?

一番、良い方法は、ディクテーション&シャドーイングとなります。

今後のFESでも取り上げていくので楽しみにしておいてください。


4.学習ログ記録

最後は、一日の学習ログを記入しました。


欠席した人も、その週の英語学習の記録をしておいてください。

学習ログのサンプルはこちら





2016/11/30

Dribbling game (Hiro Moriyasu)



Oh, wait.
Experienced players and non-experienced players, please.
All right?
What we're gonna do is we're not...this time..ah..dribbling.
OK. Let's get a ball for one group one each.
One team one ball. (five?) No no one ball.
Everyone, come in.
So, Vac's team. Five of you, I want you to get in a line and...a meter or two meters apart stand in a line, please.
(Like that?) Yeah. No not that too much. One meter please. (Two meters or one meter?)
In that case, two. And two and two.
Vac, have a ball. On the ground.
Make a straight line, please.
Yes, I want you to dribble around. Go around around around around... when you go to...when you go across Hori, Kosuke, you have to pass the ball back to Tani.
And Tani will receive the ball and he will start dribbling.
And Vac, when you finish dribbling...when you pass the ball to Tani, you have to stand a meter...two meters apart from Kosuke.
Al right? And we'll be doing the same thing. It's gonna be a race.
And...please keep this distance. All right. Don't get too wide. Don't get too short distance.
Which leg? (side by side) it doesn't matter. (All right)
So, guys get a line please. I hope you guys understand what I said.
And the end line is the cones. The blue cones all right?
(Blue cone?) Blue cone. (The far one?) The far one.
Yes, you gotta think. You gonna think which way to move to receive the ball.
All right? Guys ready? Ready? Kosuke? Kosuke. Go!
Good good good...
I guess my explanation was not that good. Come back.
You don't have to..no no no...everyone moves back.
Like...  you dribble around...dribble around.
And you pass it...when Higashi was there. Pass to Higashi. Now stand here.
(Ah, we don't go all the way back there.)
No you go all the way but you move one by one.
(All right. Good good good)
All right. So I guess my explanation wasn't perfect. But let's do it again.
So when you pass the ball, you just stop and stand two meters apart from the last person.
Get it?
All right? Let's go!
Everyone has to come across. Everyone has to come across.
Penalty for you guys. One star jump. One star jump.
Like a star. Like a star. And jump.
Good to see that all the guys doing it.

OK. Get a drink.

2016/10/13

Ball juggling (By Hiro Moriyasu)



We'll be doing a little bit of juggling. OK?

With your feet. With your feet.

You can... If you drop it, it doesn't really matter.

Just try to keep the ball up as mush as you can. All right?

OK? And please count how many times you had the ball in the air. OK?

But once you drop it, you count from one. Start from one again. OK?

Futa, OK?

So, use the space wisely. OK.

Try to keep the ball up as much as you can.

Yes. One pass is one juggling.

So, ....1, 2, 3, 4, 5, 6.

If you drop it in between, start from one. OK?

So, Tani can not just juggle hundred times by himself. All right?

I'm not sure if he can. But...

(I can. Hey, come on.)

All right? Let's go.

OK. You guys, 30 seconds.  30 seconds.

You guys 30 seconds to beat 20.

OK. That's it. That's it.

How many? Five?

How many? Twenty.

Three jumps, please.

A bit difficult, hun?

OK. I want... change partners a little bit.

You go. Tani.

OK? We'll do a little bit more.

1 minute. OK. 1 minute. All right.

OK. Let's start. Let's go.

You guys, 17 so far.

OK. You got 10 seconds. 10 seconds. 10 seconds.

3...2...1...OK. Stop.

How many? Five again?

How many? Fourteen.

I guess you guys had to do jumps. One jump. One jump.

OK.

2015/09/18

GK (Catching)



C = coach K = players

1. C: Grab the ball. Treat the ball with care.
2.   If this was a baby, and I toss the ball in the air,
3.   how many goalkeepers would do everything in their power
4.   to prevent the baby from crashing into the ground?

all of the kids are raising their hands

5.   All twenty of you. This is a baby. This represents a baby.
6.   That’s the kind of care. That’s the kind of concentration.
7.   No matter how simple activity is, to as complex as it may become,
8.   you still always have the same concentration level, the same focus
9.   that you do on the ball. For everything.
10.  So when I ask you to twist and turn and you eyes are wandering,
11.  you are not focusing on the most important object in the game.
12.  A game is nothing more than the distraction.
13.  We have to filter that all out and we have to zoom in like radar into the ball.
14.  So, from this moment on till the end of the week,
15.  when you’re handling the ball, you’re handling with care.
16.  You’re handling with devotion. You’re handling with love.
17.  It’s the most important object in the game. All right?
18.  Who’s most important person in the game?

19. P: We are.

20. C: You are, right? You are.
21.   A lot of important people are in your games,
22.   but at the end of the day, you’re in goal.
23.   So you have to have that confidence in yourself,
24.   that you master the skills
25.   and you master the most important object in the game.
26.   And that’s the ball.
27.   So back to the activity.


社会的要因










1、目的



- GKコーチが、子供たちに「キャッチングとは何か」について教える
- キャッチングの際の具体的な視線の使い方、心構えの指導
2、状況



分野

話し手と聞き手のそれぞれの役割


形式(話し言葉?書き言葉?)
指導(サッカーGK指導)

話し手:コーチ(指導者)
聞き手:選手

話し言葉
3、組織


組織/団体/コミュニティ

話し手の役割


地元サッカーチーム・アカデミー

-専門知識を子供たちに分かりやすく説明する。
- 人間形成(規律、態度、姿勢)

4、その他の社会的要因
GKのコーチングの見本として、一般公開される。
言語的特徴




5、発言の組み立て方




①本日のテーマ
②ポイントの提示(抽象的)
③例示
④質疑
⑤ポイントの最提示+より具体的な説明
⑥具体的な指示

6、文法の使い方




何に焦点を当てているか
(使う名詞・動詞・副詞(句))







対人面での配慮






発言の組み立て方


- 一般人称名詞(a baby, goalkeepers, you)
- 一般非人称名詞(the ball, a game
- 動作動詞(Grab, Treat, toss, handling
- 関係動詞(was, represents, is, have
- 様態副詞句(with care, in their power, with devotion, with love

命令文(GrabTreatなど)
肯定文
助動詞(would
緩和表現(kind of
確認表現(All right?
疑問形(Whos?)

冠詞(a, the
指示代名詞(this, that, confidence, thats the ball
接続詞(So, but, And
接続副詞(If this was a babywhen I ask you


①どんな単語を使えば良いか?(単語的特徴)

●一般化して話すとき
A game is nothing more than the distraction.
「試合というものは、注意散漫になることと同じなんだ」
というものは…だ」と、ある事実について一般的に述べるときは、の名詞の前に、aを付けます。
A striker is expected to score many goals during the games.
(ストライカーは、たくさん点を取ることを期待されている。)

●動作をはっきり伝える
Treat the ball with care.
Handle the ball with love.
and toss the baby from crashing to
and your eyes are wandering,
サッカーの中には、たくさんの動作があります。コーチングをする際には、当然それらの細かい動作を言葉で表現しなければなりません。なるべくたくさんの動作を表す単語を覚えましょう。その際には、Thesaurusなどを使うと良いでしょう。

●様子を伝える
Treat the ball with care.
how many goalkeepers would do everything in their power
Youre handling with devotion.
動作をはっきり伝えるのと同時に、「どのようにその動作を行うのか」を伝えるとより具体的なイメージを相手に持たせることができます。副詞句を有効活用しましょう。

②聞き手にどのような印象を与えればいいのか(対人的特徴)

●立場をはっきりと示す
Grab the ball.
Treat the ball with care.
Dont let your eyes wander.
このシーンでは、実際に目の前に聞き手(選手)がいるので、話し手(コーチ)は、彼らとの人間関係をはっきりさせておく必要があります。つまり、自分が指導者であり、聞き手が学習者という立場です。そのような人間関係をはっきりさせるためには、命令文を使う必要があるでしょう。「してください」というつもりで、Pleaseなどを使うのは不適切です。

●現実と仮定の話を区別させる
If this was a baby, and I toss the ball in the air, how many goalkeepers would do everything in their power to prevent the baby from crashing into the ground?
 コーチングでは、「もしなら、どうする?」と仮定の話をして、選手たちに考えさせる必要性が出てきます。そのような時には、「仮定法」を使います。
If he was born in Japan, Emerson would play for the Japanese National team.
(もしエメルソンが日本で生まれていれば、日本代表としてプレーできるのに)

このように仮定の話では、動作または助動詞を過去形にします。英語では、過去形にすると距離感が生まれ、「現実離れ」を表すことができます。

●ニュアンスを和らげる
This is a baby. This represents a baby. Thats the kind of care. Thats the kind of concentration.
 このシーンでは、コーチが「ボールを赤ちゃんだと思って、同じぐらい丁寧に扱いなさい」と説明しています。「それが大切にすることでもあり、集中するということなんだ」と言っています。つまり、「A=B」という関係だと断言するのではなく、「AにはBの側面もあり、Cの側面もある」といくつかのニュアンスを持たせたいときには、kind ofを使います。

Balotelli is a kind of dirty player.
(バロテッリは、悪質なプレーをするような選手だ)

●聞き手がわかっているか確認する
All right?
Whos most important person in the game?
 コーチは一方的に話すのではなく、選手たちがきちんと理解しているのかどうか確認しましょう。その際には、疑問文を使います。付加疑問文では、コーチ自身の認識があっているかどうか確認するのに役立ちます。

You are a striker, arent you?
(君はストライカーだよね?)

③言葉と言葉をどのようにつなげれば良いか?(つなぎの特徴)

So when I ask you to twist and turn
So, from this moment on until the end of the week
but at the end of the day,
So you have to have that confidence
And thats the ball.
So, back to the activity.
 自分が言ったことを受けて、「だから…だ」とつなげるときには、Soを使います。
Your everyday hard training will be definitely rewarded in the game. So you have to practice hard day by day.

(自分の努力というものは、必ず試合で出るんだ。だから、毎日一生懸命練習しなさい)